FC2ブログ
 
ソフトSM小説館 ブレインウォッシャー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


佐都子は泣き崩れた後、郁男の足元に座り込んでいる

そして郁男の顔を見上げ
「はい、わかりました…」
とこたえる

佐都子はその場で四つん這いになった

母・佐都子はローライズのデニムに、厚手の真っ赤なセーターを着ている

郁男はその四つん這いの尻の方にしゃがんだ

そして佐都子の尻をジーンズの上から撫でて
「お母さん、いじめさせてもらうよ」
と言う

「はい、郁男さん、お願いします…」

郁男は佐都子のセーターを背中の半分くらいまでまくり上げる

「あっ…」
と佐都子

そして今度は腹側に手をまわし、ベルトを外していった

そのままジーンズのボタンを外し、ファスナーも下ろしてしまう

すると一気にジーンズを太ももまで下ろしてしまった

佐都子は真っ赤のTバックだ

これには郁男もニヤリ

そして
「フフッ、アハハハ… いい眺めだ。佐代子、お前も隣に並べ」
と言った

佐代子は鎖の引きずりながら母の隣で四つん這いになる

黒いTバックと赤いTバック、母と娘の巨桃が二つ並んだ光景、まさに絶景だ

郁男は右手で母・佐都子の尻を、左手で娘・佐代子の尻を撫でまわす

「親子そろってメス豚か…」
と郁男

そして母・佐都子の尻をビシッと叩く

「あうっ…」
と佐都子は背中を丸めた

リアクションまで母娘同じだ

これはおもしろい

郁男は佐都子の尻を両手でビシッ、ビシッ、ビシッと連打する

「あはっ、痛い、あっ…」

そして佐都子の尻を両手で撫でまわしていった

「ああっ、郁男さん、娘を許してください…」

佐都子がそう言っている間にも、郁男の右手がセーターの中へ

そして背中のブラのホックが外される

その右手は前側へ

そして乳房をギューッとつかまれる

「あっ、痛い… 痛いけどやめないで…」

この一撃で佐都子の乳首は硬くなった

郁男の右手は、この硬くなった乳首をつまんでくる

佐都子は手に力が入らなくなってきた

そこで佐都子は床に顔をつける

「お母さん、呼び方は佐都子でいいよね?」

「はい…」
と母

郁男は母・佐都子に奴隷としての自覚があるのかを再確認する

そして
「あんたが再婚して、ちょうど僕は大学に進学してさ、家に居づらくてね」
と郁男は昔の恨み節みたいな話を切り出した

「すみません、私が悪いんです。今日はその恨みも私のカラダで晴らしてください…」

「そうか…」
と郁男は言うと、さっきまで乳首を触っていた右手でビシッと尻を叩く

「あっ…」

「だってさ、親父が若いあんたを家に連れ込んだからさ、きっとやりまくるんだろうと思うとさ、家に居づらいじゃん」
と言って、またビシッと叩く

「はい、郁男さんのおっしゃる通りです…」

「で、やりまくったの?」
と郁男

「はい、毎晩毎晩お父さんと…」

「この尻でかっ、オラッ、オラッ、オラッ」
と郁男は一段と強く連打で佐都子の尻をブッ叩いた

「あはっ、ひぃ、ひぃ…」

そして郁男は佐都子の髪を鷲づかみにして
「立て」
と言う

「はひ…」

佐都子は自分の意思ではなく、髪をつかまれた痛さを軽減するために立ち上がった

郁男はまず佐都子のセーターを脱がせていく

そしてブラを取り、ジーンズも脱がせてしまう

これで佐都子は赤のTバックだけになった

さらに郁男は近くにあった真っ赤なロープで佐都子の手首を縛る

そして高い位置にあるフックにロープを引っ掛け、佐都子の手首を固定した

さらに近くにあったタオルを一回結び、結び目を作る

そして結び目を佐都子の口に押し込み、猿ぐつわを噛ませて縛りあげた

郁男は佐代子のベッドの下からローターを取り出す

ローターはワイヤレス、リモコン操作のローターだ

その本体を佐都子のパンティの中へ

ちょうどクリトリスに当たるように入れられた

そして郁男は佐代子の方へ行く

「佐代子、されたいようになりなさい」

「はい…」

佐代子は郁男に尻を向けて四つん這いになる

郁男はこれから母・佐都子の前で、娘・佐代子にお仕置きをする

佐都子は猿ぐつわを噛まされ、縛られている

助けることも意見することすらもできない

まさに地獄絵図だ

まず郁男は佐代子の尻を両手で撫でまわす

そしていつもなら尻を叩くところだが、叩かずにパンティに指を入れ、いきなり秘部をさわるのだ

「もう濡らしていたのか…」
と郁男

「はい、お兄さん… お兄さんをお待ちしておりました…」

郁男は佐代子のパンティを脱がせていく

母からも佐代子の秘部は丸見えだ

郁男は佐代子の秘部を両手で広げて見る

中までビチョビチョだ

郁男は人差し指と中指を入れてみる

「ああっ、お兄さん、いきなり…」
と佐代子は悩ましい声をあげた

「いきなりで悪いか?」

「いいえ、うれしかったものですから…」
と佐代子

「うれしい時はどうするんだ?」

すると佐代子は激しく腰を動かして
「こ、こうですか… ああっ、気持ちいい…」
と言う

この光景を母・佐都子が見ているのだ

娘はすっかり調教され、郁男に従順になっている

すべてを指示しなくても腰まで振るようになっているのだ

佐都子の心中は…

郁男はベッドの下からバイブを取り出す

それを佐代子の顔の前に出した

郁男は特に何も指示しない

が、何も言わずとも佐代子はバイブを舐め始める

もう、あ・うんの呼吸だ

佐代子はもう入れられるのは解っているので、唾液でたっぷりと濡らしておいた

すると郁男はすぐに秘部に挿入し、スイッチを入れた

「ああっ、お兄さん、今日はこれで我慢するのですか? ああっ…」

すると郁男は佐代子の首輪につながった鎖を手にする

「豚の散歩だ」

郁男が鎖を持って先導し、その後ろを佐代子が四つん這いでついていく

佐代子は膣にバイブを入れたまま、四つん這いで歩く

バイブがくねくねと動くのが、犬が尻尾を振っているようにも見える

郁男が歩いていく方向は、壁際で縛られている母・佐都子の方だ

ここで郁男は佐都子に仕込んでおいたローターのリモコンスイッチを入れる

すると佐都子は身をよじらせる

腰を前後左右にくねくねと動かし始めた

そこへ佐代子が四つん這いで近づいていく

すると佐代子のバイブが抜け落ちてしまった

「あっ、ご、ごめんなさい…」
と佐代子

郁男はそれを見て
「何やってんだ」
と怒鳴り、佐代子の尻をビシッと叩く

「あっ、ごめんなさい…」
と佐代子は背中を丸める

「お前は散歩もできないのか」
と郁男はまた尻を叩く

「ごめんなさい…」

佐代子は母の目の前でビシビシと尻を叩かれた

そして郁男は立ち上がり
「親のしつけが悪いのか…」
と佐都子を見た

佐都子はまだ腰をくねらせている

そんな佐都子の乳房をビシッと叩く

「うっ…」

ここで郁男は佐都子のロープをフックから外した

佐都子はまだ両手を縛られたまま、床にドスッと座り込んだ

佐都子は正座を横に崩したような感じで座っている

郁男はその佐都子の脚を蹴り、股を開かせた

まだローターが作動している

郁男はしゃがんで、佐都子のパンティの秘部のところを強引に横にめくった

「ああっ…」

ローターがポトッと床に落ちる

振動音がうるさいので、郁男はリモコンでスイッチを切った

再度、力ずくでパンティを横にめくる

「佐代子、来なさい」

佐代子は四つん這いで郁男の隣に来た

そして佐都子の秘部を見せ
「見てみろ。この女、お前がいたぶられるのを見て、マンコ濡らしてたんだぞ」
と言う

「わかります、私の母ですから…」

「佐代子も逆の立場なら、マンコ濡らすのか?」
と郁男

「はい、そうなると思います…」
と佐代子は言うのだ

郁男は、佐代子に先ほどのバイブを拾って手渡す

これでオナっていなさいという意味か…

そして郁男は佐都子に
「四つん這いになりなさい」
と言う

佐都子は
「はい…」
と返事し、四つん這いになる

四つん這いといっても両手を縛られているため、手はつかずに顔を床につけた状態になった

郁男は佐都子のパンティを膝まで下ろす

「ああっ、郁男さん…」

佐都子は秘部や肛門までが丸見えになったことが恥ずかしいのだ

郁男もこれを察して
「お母さん、よく見えるぞ。オマンコまでトロトロになって… フフフ…」
と言う

「は、恥ずかしい…」

郁男は先ほどのローターを手に取り、スイッチを入れる

ウィーン…

それをまず秘部の周辺に当てる

「ああっ、郁男さん、ああっ…」

そして膣のまわりをゆっくりと一周させた

愛液がトロトロと溢れ出してくる

「ああっ、出てきた、出てきた、お母さん、いやらしいな… 息子の前でエロ汁吹き出すなんて…」
と郁男

「ああっ、郁男さん、そんな…」

佐都子は時折腰をビクッと動かす

動かす時は、特に感じる場所なのか…

今度はローターをクリトリスにギューッと押し当てていく

「ああっ、郁男さん、そ、そこは… ああっ…」

郁男はいったんローターを秘部から離す

そして
「お母さんは以前からこんな女だったの?」
と尋ねてみた

「あっ、いえ、わ、私は…」
と佐都子は言葉を濁す

すると郁男またクリトリスにローターをギューッと押し当てる

「ああっ、はい、以前からこんないやらしい女でした…」

またローターを離す

「まさか僕をオカズにオナニーしてないよね?」
と郁男は言う

無言の佐都子にまたローターをギューッと押し当てる

「あはぁ~っ、してました… 郁男さんで何度も何度もイキました… ああっ、許して… もう昔のことだから許してください…」

またローターを離した

「ああぁ… ああぁ… し、寝室のベッドにバイブやローターがあって、お父さんが寝た後に一人でオナニーしていました… ああぁ…」
と佐都子は告白した

すると郁男はまたローターをクリトリスに押し当てる

そして
「その僕にこんなことをされているんだから、うれしいよね?」
と言う

「はひ… う、うれしいです… な、何でもします…」

郁男は左手でクリトリスにローターを押し当てたまま、右手の中指と薬指を挿入していく

「あはぁ~っ、郁男さん、そんなことしたら… ああっ、ああっ…」

さらに郁男は二本の指を中でかき回していく

「ああっ、こ、腰が勝手に動いちゃう… ああっ、郁男さん、ダメ… イキそうになっちゃう… ああっ…」

今度は二本の指でピストンだ

さらにクリトリスのローターもギューッと押し当てていく

「ああっ、ヤバい、ヤバい… は、恥ずかしい、娘の前で… ああっ…」

そんな娘・佐代子も母の姿を見ながらバイブでオナニーしていた

郁男は指のピストンを早めていく

ピチャピチャと音が部屋中に響くほど濡れている

「イキそう、イキそう… 郁男さん、ごめんなさい、イキそうです… ああっ、気持ちいい… ああっ…」

郁男はそれでもまだピストンの速度を上げていく

佐都子は半狂乱気味だ

「いや、いや、イク、イク、イクぅ… ああっ、気持ちいい… ああっ、イク、イク、イク… もうダメぇ… ああっ…」

クリトリスのローターもグイグイ押し付けていく

指のピストンも最高速度だ

「ああっ、ダメ、ダメ、郁男さん、ごめんなさい… イクぅ~っ、あああああぁ~っ、ああぁ… ああぁ… ああぁ…」
と佐都子は昇天してしまった

郁男は立ち上がり、ズボンとパンツを脱ぐ

モノはビンビンだ

床に膝をつき、佐都子の秘部にモノを押し当てる

佐都子はまだ余韻に浸っているみたいだ

だが郁男はお構いなしにモノを挿入していく

「ああっ、い、郁男さん…」

郁男は早くも腰を動かしていく

そしてローターを拾い、ローターに愛液を塗りつけていった

そして今度はローターを肛門に押し当てるのだ

「ああっ、郁男さん、そ、そこは…」

郁男はそのローターを肛門に押し込んでいく

「お母さん、ここも使ったことあるんだろう?」
と郁男

「そこはオナニーの時しか… あふっ…」

「オナニーの時にどうしてたの?」
と郁男

「アナル用の細いバイブを入れてました…」
と佐都子は告白した

「フフッ、気持ちよかったの?」

「はい… いつかは前も後ろも同時になんて考えてました…」

もうローターは半分以上が挿入された状態だ

ここでローターのスイッチを入れる

そして郁男も再び腰を動かし始めた

「あはっ、す、すごい、郁男さん…」

「今、前も後ろも同時に入ってるよ」
と郁男が言う

「はい… ああっ、い、いい… もうどうなってもいいです、郁男さん… ああっ、ああっ…」

郁男も腰を動きを早めていく

そして
「佐代子、隣に並びなさい」
と言った

「はい…」
と佐代子は、母の右側にきて四つん這いになる

郁男は母・佐都子とセックスしながら、娘・佐代子の尻を撫でまわす

そしてビシッと佐代子の尻を叩く

「あっ…」
と佐代子

すると郁男はモノを抜き、今度は佐代子に挿入していくのだ

「あはっ、お兄さん、き、気持ちいい…」

郁男はリズミカルに突いていく

「ああっ、ああっ… お兄さん、いい…」

抜かれた方の佐都子は後ろを振り返り、何やら寂しそうな表情をみせる

すると郁男は左手で佐都子の尻をビシッと叩いた

「あっ… ご、ごめんなさい…」
と佐都子

佐代子の方で2~3分くらい経過すると、また佐都子に挿入する

「ああっ、お待ちしてました、ああっ…」

「息子のチンポを待つ母親か…」
と郁男は言って笑った

「はい、いやらしいことばかり考えている女です… ああっ、ああっ…」

郁男の腰の動きが早くなってきた

そして
「お母さん、もっといやらしいことを言うと、もっとしてやるよ」
と郁男は言う

「わ、私、本当は郁男さんのお父さんとセックスがしたくて結婚したんです… ああっ… そしたら郁男さんもいて、いつかは郁男さんともやりたいと考えていました… ああっ…」

もう郁男はガンガンに突いている

「もっと言って。ほら、佐代子にいくよ」
と郁男

「ああっ、郁男さん、このいやらしいオマンコ、いつでも使ってください… あはっ、あはっ… 郁男さんがやりたくなったら、私はいつでも濡らして待ってます… ああっ…」

「もう終わり?」
と郁男

そして
「佐代子、面倒くさい。お母さんに抱きつけ」
と言う

それと同時に佐都子からモノを抜いた

すると佐代子は母に抱きつき、自分が上になる

佐代子が四つん這いみたいな態勢で、佐都子が正常位みたいな態勢だ

こうすることで秘部が縦に二つ並ぶ

これで郁男は好きな方に入れることができるのだ

郁男はまず佐代子に挿入する

「あはっ、お兄さん… もう出そうですか?」

「ああ、もうちょっとだ」
と郁男は言うと、腰を動かし始める

「ああっ、佐代子で出してください… あはっ、あはっ、佐代子で出してください…」

佐代子は必死に腰を動かし、郁男にフィニッシュしてもらおうとする

この腰の動きはたまらない

が、郁男はモノを抜き、今度は佐都子に挿入する

「ああっ、郁男さん、中に出して… ああっ、中にいっぱい出してください…」
と佐都子

母と娘を上下に並べて交互に挿入する

これが真の親子どんぶりだ

「ああっ、いい… 郁男さん、出して…」

佐都子も必死に腰を動かしてくる

今度は佐代子に挿入だ

「あはっ、お兄さん、佐代子の中にください… ああっ、ああっ… こ、こんなに、こんなに気持ちいい… ああっ…」
と佐代子は激しく腰を動かしてみせる

郁男の腰の動きもピークだ

郁男はここで佐代子の尻をビシッと叩く

「あっ… お兄さん、もっと、もっと叩いて… もっと叩いてください… ああっ…」

郁男は佐代子の尻をビシッ、ビシッ、ビシッと連打した

「あっ、痛っ、あっ… お兄さん、ほら、こんなに、こんなに気持ちいいの…」
と佐代子はさらに激しく腰を動かしてみせる

が、ここでまたモノを抜き、今度は佐都子に入れる

「ああっ、郁男さん、もっといやらしい下着をつけてきます、もっといやらしいことも言います… だから私に出してください… ああっ、ああっ… 今度はアナルにも入れてください… ああっ…」
と佐都子

すると郁男は
「ああっ、お母さん…」
と言うとモノを抜き、佐代子の秘部に向かって発射した

大量の精液が佐代子の秘部にかかり、それがドロリと垂れていく

垂れた精液は佐都子の秘部に落ちる

母娘そろって精液まみれの秘部となった

─同居114日目

日曜になり、また佐都子が来る

郁男はソファに座ったまま、佐都子に
「お母さん、佐代子の部屋で準備して待ってて」
と指示した

佐代子の部屋に衣装を準備しているのだ

「はい…」
と佐都子は部屋に入っていった

数分後、郁男も佐代子の部屋に入る

二人の衣装は全身網タイツ

佐代子は黒の網タイツ、佐都子は赤の網タイツだ

郁男は佐都子の網タイツの胸の部分を破る

そして乳房を横からビシッと叩いた

「あっ… 娘ともどもよろしくお願いします…」

─完─
たった3つの質問をするだけで…

A:「あれっ、お前、何? そっちの方ってラブホ街だよな」
B:「ああ、眠いわ、睡眠不足だし…」
A:「何だよ、睡眠不足って… そんなにやったのか?」
B:「それがすげー淫乱でさ、寝かしてくんねえのよ」

たった3つの質問をするだけで、女性を淫乱モードに突入させます

お持ち帰りも意のままです

そんな3つの質問、知りたくありませんか?

それがこちら
↓↓↓

ThreeQuestions 進化型ファイナル完全版 実録動画付
http://www.infotop.jp/click.php?aid=203503&iid=45364


筆者は小説を書くのでだいたい想像がつきます

私ならNLPを使って、この後エッチすることを連想させます

何せ女性は妄想する生物ですから…

って、この教材の実録動画を見たんです

大筋では想像通りでしたが、質問への持って行き方が実に上手い!

はっきり言って
衝撃を受けました

これをもっと以前から知っていたなら、と後悔するくらいです


http://www.infotop.jp/click.php?aid=203503&iid=45364



クリックする前によく考えてください

これを知らないと本当に損しますよ

あなたは狙った女性をお持ち帰りしたいですか?
場所がよければその場でエッチもいいですよね?
あなたはこれを会社の同僚に使いたいですか?
久々に会った同級生にも使いたいですよね?

いずれにしても3つの質問をするだけです
↓↓↓

http://www.infotop.jp/click.php?aid=203503&iid=45364
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://lightsmnovel.blog.fc2.com/tb.php/138-ea7cd6cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
管理人の承認後に表示されます
2017/06/23(金) 18:30:10 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。